O脚矯正

赤ちゃんの時がO脚に影響する?

成長していく過程でO脚になると思っている方は多いと思いますが、赤ちゃんの時の過ごし方がO脚に影響することもあります。 初めて子育てする場合は尚更ですが、自分の子どもが他の子と比べてなかなか歩かなかったら大丈夫なのかと心配になってしまうでしょう。 やはり、他の子よりも早く成長すると嬉しいでしょうから、他のお母さんとの話の中で自慢をすることもありますよね。 また、そういった話を聞いて逆に心配になってしまうこともあるかと思いますが、赤ちゃんにも個人差があるので気にする必要は無いのです。 赤ちゃんが歩けない状態なのに無理やり歩かせようとしたらどうなるでしょうか。 その分足に負担が掛かってしまうため、親が無理やりにしたことが、将来O脚の原因となることもありますし、歩行器を使うのも良くないと言われています。 歩行器も、歩けない状態でありながら歩かせるのと同じですから、足にとっては良くないのです。 もちろん必ずしもそれによってO脚になるとは限りませんが、実際にそれが理由でO脚になっている人は少なくありません。 赤ちゃんの成長には個人差があって当然ですから、無理をせずに見守ってあげるようにしましょう。 また、あまりにも心配なのであれば、育児センターなどに相談すると安心できるかもしれませんね。