O脚矯正

寝相に気を付けることも重要です

寝相とO脚は結びつかないかもしれませんが、実は深い関わりがあります。 人間というのは、毎日きちんと睡眠をとることが大切だと言われていますよね。 睡眠時間は大体6時間から9時間ほど取ると良いとされていますが、人によって多少異なると思います。 自分にとってどの程度の睡眠時間が必要なのかを知り、なるべくその時間を確保することが大切ですね。 1日の3分の1は睡眠をとっていることになりますが、この間の大切な時間に寝相が悪い場合、O脚の原因となることもあります。 特に、ひざの形が変わってしまうような寝相の方は要注意ですよ。 自分の寝相なんて分からないからどう予防すれば良いかも分からないと思うかもしれませんが、寝る時には仰向けで寝るようにします。 そして背筋はなるべく伸ばして、最も大切なのはひざを曲げないようにするということです。 足の先を少し開くようにすればひざの形が変わらないようになりますよ。 寝がえりをうったり、布団やベッドから落ちてしまうということもあるかもしれません。 しかし、まずはやってみなければ分かりませんので、寝る時にこういった点に気を付けてみてください。 また、なるべくストレスを溜めないようにすることも大切です。 ストレスを溜めてしまうと良い睡眠がとれなくなってしまいますよ。 睡眠をとるということは、O足の予防にとっても大切ですし、健康にとっても重要なことですね。