O脚矯正

姿勢に気を付けて毎日を過ごしましょう

日本人ですから、家では畳で過ごすというのが昔は当たり前でしたよね。しかし今では洋室で過ごす方が増えてきているようです。 和室で畳に座る場合、正座をすることになりますから、足が痺れてしまうのが嫌だという方は多いですよね。 若い方なら特にそういう方が増えているでしょうが、ただ痺れるということだけが理由という訳では無く、O脚になりやすいと思っている方もいるようですね。 本当に正座をするということはO脚の原因になるのかと言うと、これは間違っています。 昔は畳で正座をするのが当たり前でしたが、和室が無い家も今では珍しくありません。 確かに、椅子やソファーの方が正座よりも楽なのかもしれませんが、ソファーに座る場合は特に、背もたれにもたれかかるという姿勢になりますよね。 姿勢に重点を置いてみると、正座の方が明らかに姿勢は良いと言えます。 結果から言いますと、姿勢を良くして過ごす方がO脚にはなりにくいと言われているのです。 今でも、茶道、華道、囲碁などを行っている人は長時間正座で座っていたとしても足はしびれないものなのです。 正座には正しい形というものがありますので、間違った座り方をしなければ足はしびれず、姿勢を正すことができます。 ソファーや椅子に座っている場合はどういった姿勢でもO脚になりやすくなってしまうのかというと、そういうわけではありません。 背筋を伸ばした姿勢で座ればO脚にはなりづらいですから、畳で過ごさなければならないということはありません。 O脚を予防したいのであれば、姿勢を正して生活するように心がけてみて下さいね。