O脚矯正

外反母趾や偏平足について

靴が原因で偏平足や外反母趾になることもありますが、これは自分の脚に靴が合っていないことが理由として挙げられ、これが原因でO脚になることもあります。 親指の形が変わってしまい、付け根部分が外や小指の方に曲がるといったものが外反母趾ですよね。 男性に比べて、女性の方が外反母趾になりやすいと言われています。 なぜなら、女性は足の関節が柔らかく、ヒールが高い靴を履く機会も多いからです。また、足の裏の筋力が弱いということも原因だと言われています。 外反母趾になった方なら分かるかと思いますが、痛みが生じる為に脚を自然とかばうようにしながら歩くようになります。 そして、自分では気づかないうちに重心が外に傾いてしまうため、O脚に繋がりますし、下半身だけでなく、上半身にも影響を及ぼすこともあります。 ですから、靴を購入する時には自分に合ったものを選ぶ必要があるのです。 また、足裏の土踏まず部分というのは通常であればアーチ状になっていますよね。 それが平らな状態になってしまうというのが偏平足ですが、立つ、歩く、走る、飛び跳ねるなど、足を使う運動をした時にかかとへの衝撃が強くなってしまいます。 土踏まずがアーチ状になっていることによって、かかとへの衝撃は自然と吸収されるものなのです。 ですから、偏平足が原因でO脚になってしまうこともありますので、偏平足にならないようにすることがO足の予防に繋がります。 なるべく足の裏に刺激を与えるよう、なるべくエレベーターを使わずに階段を使ったり、車よりも歩くということを心がけてみて下さい。 また、家の中にいる時は靴下は履かずに過ごすということも予防に繋がります。