O脚矯正

大きな原因の1つであるハイヒール

もしもO脚になってしまったら、履いている靴も考えた方が良いでしょう。 姿勢の悪さや、体重の負荷が変にかかってしまうことでなるO脚は、ハイヒールや、その他の特殊な形状の靴によってなることが多いためです。 本当は、そういった靴を履かないことが一番だとは思いますが、O脚もなる人とならない人がいます。 少なくともそうなり易いことをすすんですることはマイナスです。O脚になっていざ矯正をするには大変な苦労があります。 予防できるなら、それに越した事はありません。 とは言え、ビジネスシーンでは、ハイヒールの方が、ということも多いでしょう。もしもその場合には、極力自分の足に合ったものを 選ぶようにしましょう。履く時間も考えて選ぶと、尚、足への負担が減り、良い事ですね。 基本は、自分の脚のサイズを正確に測り、試し履きを必ずして、店でよく選ぶ事です。 同じサイズの表示でも、靴の種類やメーカーによって、脚へのフィット感は随分と違うものです。 他にも、親指の位置や小指の位置、歩き具合などを見て選びましょう。 O脚と靴は、密接な関係にあると認識するべきなのです。