O脚矯正

セルライトとO脚の関係

セルライトは女性の大敵ですが、自分にセルライトが無かったとしても、どんなものなのか知っている方は多いでしょうね。 簡単に言うと脂肪の塊をセルライトと言いますが、できやすい部分としては、お腹や脚周辺と言われています。 太ももを大きめにつまんだ時にでこぼこするのであれば、そのでこぼこがセルライトなのですが、これは皮下組織の血行が悪くなっているのが理由です。 血行が悪くなってしまうと、脂肪がその部分に溜まってしまうのです。 それによってセルライトが生じるのですが、そんなセルライトとO脚というのは関係があるものなのです。 脚や骨盤の歪みだけでなく、体全体に歪みが生じることがO脚の主な原因であり、骨が歪むことによって筋肉も徐々に歪んでしまいます。 つまり、O脚の方は血行不良になるため、セルライトになりやすいのです。 日本ではセルライトと言いますが、アメリカではセルライト部分がオレンジの皮のように見えることから「オレンジピールスキン」と呼ばれているのです。 血行不良の部分が多いと見て明らかに皮膚の表面がでこぼこしているのが分かるかと思いますし、触っても分かりますよね。 O脚の矯正をすることは、自然とセルライトの予防にも繋がるのです。 セルライトを除去するためにローラーなどを使用して血行を促進するようにし、尚且つO脚を改善する努力もしてみましょう。