O脚矯正

姿勢も大きな原因の1つです

O脚は多くの日本人女性が悩んでいるとよく聞きますが、それほど多くの人が悩むほどに確率の高いO脚の要因は何でしょうか。 O脚の根本的な原因は病的なものよりも、むしろ姿勢などの生活習慣の方が主なようです。 継続的に立ち続けたり座り続けたりしたり、座った時に足を組む習慣がある人の場合には、骨盤が歪んだり、足の骨に変形などの支障が出る事があるようです。 こういった事は生活習慣から起きているため、大概が自覚がありません。 この結果、少しずつ発生している骨の歪みにも気付かずに、O脚となってしまう訳です。 O脚になって、それにより歩けなくなったり、立ったり出来なくなるということは今のところ無さそうですが、バランスとして、骨格まで支障が出ることもあります。 とにかくO脚にならないに越したことはないので、これに気を付けるために、姿勢を良くすることを心掛けましょう。 また、食生活も重要な様です。偏食によって栄養や糖分の偏った摂取によって、カルシウム不足から骨の変形を促す、といったことにもなり兼ねません。 O脚の予防や矯正には、まず、食生活や姿勢を正す生活習慣から見つめなおすことが重要です。