O脚矯正

O脚かどうかは靴がどの程度擦り減っているかで判断できます

自分がO脚だと自覚している人も居れば、分からないという人も居るでしょう。 それは、普段自分が履いている靴を見ることによってO脚かX脚かを判断することができますし、自分の歩き方にどういう特徴があるかも知る事ができるのです。 小刻みに歩くのか、足をすりながら歩いているのか・・・というクセがある方はすぐに判断できます。 靴の裏側を見ると、どの程度擦り減っているかが分かりますよね。 すり減り具合によって脚の歪みを知ることができますが、普通に歩いていても靴底はすり減っていくものですよね。 外側だけが内側に比べてかなり擦り減っているのであればO脚だと判断できます。 靴を脱いで揃える時に左右の靴が外側に向くようであればO脚ということになりますし、自然とふくらはぎの外側に力が入る歩き方になってしまう上に上半身に力が入らないので太もも、お尻といった部分も太くなってしまうという特徴があります。 O脚も嫌だと感じるかもしれませんが、内またの場合も同様に脚に負担が掛かってしまいます。 歩く時には両方の肩甲骨を寄せるように意識し、頭を真っすぐにして歩きましょう。 こういったことに気を付けることによって、自然と胸を張ることになり、姿勢も良いので見た目も良くなるのでスタイル良く見えるでしょう。