O脚矯正

靴の選び方にも気を付けましょう

O脚を矯正、予防するためには自分に合った靴を選ぶことも大切です。 街を歩いていると、ヒールが高い靴、ブーツなどを履いている女性を見ることも多いと思いですよね。 確かに、ヒールが高い靴の方がスタイルが良く見えると思いますので、外出する時にはハイヒールで無ければいけないという人も多いでしょう。 その反面、ヒールが高いと足腰への負担が大きくなってしまうのです。 その結果、ハイヒールを履いていて足がむくんだ経験がある方もいらっしゃるでしょう。 O脚の方も、そして今はO脚ではない方でもそれを予防するために、自分にきちんと合った靴選びをするようにしましょう。 美脚になるためには、脚へあまり負担をかけないようにすることが大切なのです。 では、どういった靴選びをすれば良いのでしょうか。 お店で靴を試しに履き、履くだけではなく、少し歩いてみることが大切です。 足がきつくないか、歩いた時に足が浮かないか、大きすぎないか、きちんと自分の足に合っているかを見極める必要があります。 かかとはぴったりと合う靴、そして指1本分ぐらい爪先に余裕があるものがおすすめですし、ヒールがある靴を購入したいのであれば、2cmほどの高さまでにするようにしましょう。 また、柔らかく、少し深い靴の方が良いでしょうね。 サイズが同じであれば、どのメーカーでも自分の足にフィットするとは限りません。 同じサイズでも、フィット感が違うこともありますので、なんでもまずは実際に履いてみましょう。 靴選びは意外と大変なことですが、それによってO脚の矯正に繋がることもあれば、O脚の原因となることもあるのです。