O脚矯正

ボールを使ってストレッチを行いましょう

O脚の矯正を自分で行いたい場合、1番効果的なのはストレッチです。 O脚というのは、矯正し始めてからすぐに真っすぐな脚に戻るわけではありませんので、矯正している途中でO脚が元の状態に戻らないように予防する必要もあるのです。 どうすれば予防できるのかと言うと、簡単に言えば足に筋肉をつけるのです。 筋力が衰えることによってO脚となってしまうこともありますが、現代社会は便利になった反面、自分で歩く機会が減ってしまいましたよね。 毎日きちんと歩いているという方はどの程度いるでしょうか。 ほとんど歩かないような生活を続けていると自然と筋力は衰えてしまいます。 そうすると足腰にまで影響してしまい、結果的にO脚となってしまうことも少なくないのです。 だからこそ、O脚を予防するためには筋力をつけることが大切ですが、どうすれば筋力がつけられるのでしょうか。 そこでおすすめするのが、ボールを使ったストレッチです。 弾力性のあるボールを1つ用意し、真っ直ぐ立った状態で手を腰にあてましょう。 ひざの間に用意したボールを挟んだら、足の力でボールを思いっきり挟むように力を入れ、今度は反対に力を抜きます。 この動作を繰り返すだけでも筋力を向上させることができますよ。 もし自宅にボールが無ければ、まくら、クッションなどを使っても良いですね。 お風呂上がりというのは血行が良くなっている状態ですので、エクササイズをするには1番良い時です。 このエクササイズは非常に簡単ですので、テレビを見ながら実践することもできますし、太ももの内側を鍛えることができますのでお尻の引き締め効果もありますよ。 女性にとっては、どちらも嬉しい効果でしょうから、頑張ってみて下さいね。