O脚矯正

なぜ日本人はO脚の人が多いのでしょうか?

日本人女性の8割はO脚と言われるほど、O脚の日本人は多いのですが、その理由はなんなのでしょう? 外国人と日本人との違いを考えた時に、日本人は畳で正座することが多いということから、それが原因だと言う方も多いようですが、それは間違った考え方なのです。 確かに、正座をしている間は脚を曲げた状態になりますよね。 そうなると脚の骨に負担が掛かるような気がするかもしれませんが、正座をする機会が多かった昔の人にO脚の人はさほど居なかったのです。 また、今現在も茶道、華道などをする方は多く、正座をする機会も多いですよね。 しかし、そういった方がO脚になっているかというとそういう訳ではありませんので、正しい姿勢で座ればO脚にはならないということになります。 正座よりも足を組んだり横座りをする方が背骨が曲がってしまうため、O脚になりやすいのです。 遺伝によってO脚になるという考え方もあるようですが、O脚にならない人も多々いますので、遺伝とは限りません。 現代の日本人は、正しい生活習慣が送れていない、姿勢が悪いといった方が多いですよね。 これらがO脚の原因となることも多いですし、洋室で過ごすことが多くなったということもO脚の原因と考えられます。 いつも柔らかいベッドやソファーで楽に過ごすということも脚には良くありませんし、ファーストフードなどを食べる機会が増えたことにより、カルシウムが不足している人も増えています。 このようなことの方がO脚の原因となっていることが多いので、注意したいものですね。