O脚矯正

正しい座り方を身につけ矯正しましょう

O脚を矯正するためには、立ち方や歩き方が重要ですよね。 しかし、O脚で悩んでいる方の多くは骨盤が歪んでいる状態ですから、座り方も大切になってきます。 座り方にもいろいろありますが、たとえば脚を組んで座ったり、椅子に脚を投げ出すようにして座ることが多い方は骨盤が歪んでしまう可能性が高くなります。 それだけでなく、そういった座り方を続けていると、背骨までもが歪んでしまうこともあるのです。 そこで、椅子の正しい座り方についてご紹介します。 最初に、背中と大腿部の間の角度が90度になるように意識して座り、また大腿部とふくらはぎの間の角度も直角になるようにします。 そして、お尻の後ろはぴったりと椅子にくっつけるのではなく、少し間をあけておき、両足はきっちりと揃えて顔は正面を向きます。 たったこういった点に気を付ければ正しい姿勢で座ることができますし、基本的には畳やフローリングに座る場合も同様です。 フローリングに座るのであれば、足は組まずに揃えて真っすぐ伸ばすようにします。 そして手は後ろで体を支えるようにして座るようにしてください。 この時に腰が曲がるようであれば、座椅子などを使っても良いですね。 横座りや膝を抱えて座るのは足にとって良くありません。 坐骨に負担が掛かる可能性がありますし、骨盤が歪んでしまうかもしれませんよ。 畳で正座をすることもあるかと思いますが、これがO脚の原因となることは無く、背筋をしっかりと伸ばした正しい姿勢で座ることにより、足はしびれないのです。 また、正座をすることで、フローリングや椅子に座るよりも姿勢が正しくなりますので、O脚にもなりにくいのです。